【インデックス投資&高配当株投資】5年目4ヶ月の資産運用状況(2022年3月末)

エンジニア兼個人投資家のたけです。

投資を始めて5年目4か月目の2022年3月末の資産総額を公開します。

たけ
たけ

円高の影響と株式市場が少しウクライナ騒動前に戻ってきたため大幅に資産増となりました。

ウクライナ情勢や物価上昇など気になる点は多いですが、引き続き積立投資を継続します。

今後は株価が暴落した場合に買い増しする余力を残すことを意識していきたいです

これから投資を始める方や、既に投資を始めている方の参考になればと思います。

過去の資産状況はこちらからご覧ください⇩

2022年3月末の資産合計

投資を始めて5年3ヵ月目の2022年3月31日時点の資産合計は

  26,649,414円

でした。

たけ
たけ

2021年度の一つの目標だった資産2500万円を達成しました。

また、株式などのリスク資産も2000万円を突破しました。

資産内訳

資産推移

たけ
たけ

先月末比

  +1,762,373円

でした。

円安の影響や株式市場が少し回復した影響で大幅な資産増となりました。

  • 現金預金(銀行預金または現金同等品)
    • 最低でも1年以上給料がなくても生活できる現金は確保しています。
    • 最近は暴落時の買い増しを考慮し、多めに現金を確保しています。
  • 投資信託(インデックスファンド)
    • 毎月約20万円積み立て投資を続けています。(積み立て銘柄の内訳は後述)
      私の投資方針のメインです。
    • これまでは楽天証券がメインでしたが、2022年3月からはSBI証券での積み立て投資も開始しました。
  • 国内株式(国内株式、国内REIT)
    • REITは5年前に投資を始めた時期に購入。
    • 高配当国内株式はコロナショックの時に大量に購入しました。
      ⇒ 国内株式は徐々に売却する方針です。
        
      理由:長期的にはインデックスファンドに投資したが良いと考えます
  • 外国株式(外国ETF)
    • 高配当外国ETF(HDV, SPYD)全世界株式ETF(VT)を購入しています。
    • 引き続き投資を継続するする方針です。
  • 企業DC(外国株式)
    • 入社時から積み立てています。
    • 全て外国株式インデックスファンドに上限額で積み立て投資し、順調に資産が増加しています。
  • 他リスク資産(暗号資産、保険等)
    • 暗号資産
      イーサリアムを中心に約20万円保有しています。
      イーサリアムを保有する理由】
        NFTがイーサリアムで取引されている将来性を信じて。
    • 暗号資産はギャンブル要素が強いため、投資対象としてはお勧めしません。
    • 貯蓄型保険
      保険料控除を目的に、毎月5000円積み立てています。
      (あまりお勧めはしません)
たけ
たけ

一つの目標を達成しましたが、まだウクライナ情勢により株式市場は不安定な状況です。

安全資産を確保しながら引き続き投資を継続していきます。

投資信託(インデックスファンド)内訳

私が現在保有している投資信託の内訳です。

投資先ごとに分類するとこのようになります。

  • バランスファンド
    • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)を現在も積み立て投資しています。
    • 投資を始めた5年前から投資しています。
      簡単に分散投資ができ、ポートフォリオに安定をもたらしてくれてます。
  • 全世界株
    • eMAXIS Slim 全世界株式(日本を除く)に現在は投資しています。
      【全世界株式に戻した理由】
       今後か国内株式を徐々に売却する予定があるため、日本への投資比率を下げないため。
  • 米国株
    • eMAXIS Slim 米国株式にメインに投資しています。
    • 経済の中心であるアメリカへの投資は避けられないと思い、毎月投資しています。
  • 日本株
    • 投資始めた当初は投資しましたが、現在は国内高配当株式に投資しているため、現在は積み立てていません。
たけ
たけ

全世界株式米国株式を中心としたポートフォリオです。

30代までは債権等に投資する必要はないと考えています。

参考:毎月積み立て銘柄

毎月積み立て銘柄を紹介します。
(妻のつみたてNISA口座で投資している銘柄は含みません。)

  • eMAXIS Slim 全世界株式        : 123,333円
  • eMAXIS Slim 米国株式        :  66,667円
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) : 10,000円

様々な種類のインデックスファンドを試しましたが、最終的に3つに落ち着きました。

eMAXIS Slimシリーズは手数料が安く大変おすすめです

通算 投資損益率

2022年3月末の損益率です。
なお、配当金による利益は含んでいません。

  • 投資信託:+28.85%
    • 株式市場の影響を受け資産額が乱高下しましたが、先月比約+1.13%と小幅ですが資産増となりました。
    • 毎月定額積み立てているだけですが一番利益が出ています。
      インデックス投資の有効性がわかります。
  • 国内株式:+22.30%
    • 先月末と比べると約+3.4%の増加となりました。
    • 私が保有している高配当株式は市場の下落影響を受けることなく成長しました。
    • 引き続き保有し、配当金を得ながらもキャピタルゲインを得たいです。
  • 国内REIT:-7.36%
    • ホテル系REITを中心に保有していたため、コロナショックの影響を大きく受け、一時は-50%を超える大幅な暴落をしました。
    • いまだにREITはまだマイナスの銘柄が多く、リターンは-7%と足を引っ張ってます。
    • 今後はREITを徐々に売却していく予定です。
      REITに投資した私がREITをお勧めしない理由については下記の記事を参考にしてください。
  • 外国株式:+13.43%
    • 円高の影響を大きく受け先月比約+8%と大幅に増加しました。
    • 為替の相場は今後注視していきたいです。

REITをお勧めしない理由⇩

資産合計の偏移

コロナショックで2021年4月に大幅に減りましたが、株価が下がったタイミングで買い増しができたため、2020年8月ごろからきれいな右肩上がりになっていました。

先月末は久しぶりの大幅な資産減となりましたが、今月でだいぶ持ち返しました。

たけ
たけ

今後もこの調子で増えればよいのですが、いつ暴落が起きても大丈夫なように現金比率を下げないように気を付けたいです。

サイドFIREへ目標達成状況

私が資産形成する理由は、お金に縛られない生き方を目指しているからです。

近年流行しているFIREの考え方をベースに、資産5000万円を築き、支出の約半分を資産からの収入で補うサイドFIREを目標にしています。

私の人生観については下記のリンクを参考⇩

我が家の資産シミュレーション

我が家の年間家計収支を簡単にまとめると下記の通りです。

収入手取り(夫婦合わせて): 850万円

支出           : 300万円

収支           :+550万円

収支が年間+550万円となることを目標として家計管理し、差額を利回り4%の投資をすると資産がどう増加していくかシミュレーションしました。
(2021年4月を0か月としたシミュレーション結果)

たけ
たけ

現状の収支を継続したら7年でFIREに到達します。

生活費の半分を資産から賄う場合だと約4年ほど働けば十分に達成可能です。

では、今年現在での目標達成状況について確認します。

今月末の資産結果・目標達成状況

たけ
たけ

今月資産増となった結果、年度当初の目標は達成できています。

目標金額 +1,801,340円

昨年度の目標を大幅に上回りました。

今月の変化:特になし

ウクライナ情勢の影響で株式市場が不安定のため毎月の定期購入以外にはポートフォリオをいじることはありませんでした。

たけ
たけ

今月は大幅に資産が増加しましたが、来月は暴落する可能性もあります。

何が起きても大丈夫なよう、安定資産を増やしながら様子見をする予定です。

まとめ

今月の資産状況をまとめるとこのようになります。

今月の資産状況の感想
  • 20代での目標の一つであった資産2500万円を達成。
  • ウクライナ情勢には注視が必要だが、積立投資は継続
  • いつ暴落が起きても良いように安定資産の確保にも力を入れる

ウクライナ情勢の影響による株式市場の動向を注視しながらも、引き続き積み立て投資を継続します。

資産運用は豊かな生活を送るためには必須です。

ぜひ小額からでも投資を始めてみましょう。

インデックス投資の参考リンクを張ります。

私は幸福な人生をお送るために有効な手段だと考えています。

私の人生観についてはこちらの記事を参考にしてください。

一緒に豊かな生活を送りましょう。

最後に、私が投資を始める時に参考にした本を紹介します。
どれも良い本ですので、投資を始める際はぜひ一読してみてください。

■ 気に入ったらクリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA